2008年09月30日

■Little Children。大人になりきれない大人の映画とはいえ・・・。

■Little Children。大人になりきれない大人の映画とはいえ・・・。

 映画「Little Children http://www.imdb.com/title/tt0404203/」を観賞しました。たまたま夕飯を食べていた時間帯に、これという映画がなかったために何となく見始めたわけですが・・・いつの間にか見入ってしまいました。主演のKate Winsletがオスカー主演女優賞にノミネートされていたという理由もあったのですが・・・。2006年に全米公開となった作品ですから皆さんご存知だとは思いますけど、大人になりきれない大人達の各々の葛藤を描いた作品でございます。満たされない主婦にKate Winslet、彼女と不倫を始める主夫にPatrick Wilson、そしてKateと同じくオスカー女優であるJennifer Connellyも共演していますね。

↓何だか昼ドラ好きの奥様方がウケそうなテーマですけど・・。
clip_20080930_11.JPG

 単なる不倫ドラマという枠に止まらないこの作品、何と静かな町に服役していた性犯罪者が刑期を追え舞い戻ってきます。彼は母親の庇護の元で暮らすのですが、彼は不倫カップルが逢瀬を交わす市民プールに登場し、子供に同伴した母親を震え上がらせていました。彼が微妙にこのストーリーにサスペンスな色彩を醸し出すのですが、彼を糾弾し続ける元警官の男性も狂気じみていてまして・・・普通の人間なんていないのだ、というもしかすると一番怖い事実を浮かび上がらせております。大人になったと思ってもまだまだ自分の面倒すら見切れていない自分を考えますと、人ごとではない気がするんですよね。だから思わず最後まで見てしまったのかもしれません・・。

↓性犯罪者を演じたJackie Earle Haley。実は「頑張れ!ベアーズ」出身。
clip_20080930_12.JPG
posted by mori at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Kampuchea restaurantでNY版ラーメンを味わう。

■Kampuchea restaurantでNY版ラーメンを味わう。

 アメリカ人の友人と出掛けたある夜、麺が食べたいと伝えると携帯でGoogle検索を始めました。彼が連れて行ってくれたお店は、こちら「Kampuchea Restaurant  http://kampucheanyc.com/」。クメール語でカンボジアを意味するとおりカンボジア人がオーナーのお店でございました。予約なしで入店しただけに、バーカウンターしか空いていなかったのですが2人しかおりませんでしたのでオープン・キッチンに面したカウンターで十分です。しかし、キッチンにはアジア人が一人もおらず、ヒスパニック系と白人が一人いらっしゃるのみでした。

↓キッチンの風景。アジア人は皆無でした。
clip_20080930_09.JPG

検索して見つけたお店なだけに、ヌードルが何種類かございまして、ワタクシはDuroc Pork Katievをチョイス。暖かいスープとともに麺を味わいたかったのですね。友人が選んだのは冷麺タイプのChilled Rice Vermicelli。私が選んだヌードルは味がピンボケで麺のコシもあまり感じられず、イマイチでした。が、冷麺タイプはフラットな麺がなかなかに食べ応えがあり、しかもホッとソースが効いて悪くありませんでしたね。ラーメンタイプのヌードルはスープの出汁が命ですから、やはり知名度のない一品は有名でない理由があるのかもしれません。

↓挑戦したことのないヌードルを食す時は、冷麺タイプにしましょう。
clip_20080930_10.JPG
posted by mori at 09:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■やはり消えない、金融機関救済措置への声。

■やはり消えない、金融機関救済措置への声。
 
 元プログラマーの友人に誘われ、週末の夕方にパブへ出掛けました。彼は3ヶ月前に2年間続けた会社からリストラを通告された後、以前働いていた障害児向けスイミング・スクールで週末に水泳を教えています。彼はいつもスクールでの仕事場仲間と何杯かのビールでその日の幕を閉じるのですが、仕事の後の一杯の時間に招待してくれたのですね。時間はまだ午後4時と早く、雨さえ降っていなければ太陽が出ていたはずですが・・・。たまには自堕落な週末も良いかと、いつのまいにかつられてパイントを空けておりました。

↓23丁目のパブは、既に少なくはない人々がビールに味わっておりました。
clip_20080930_07.JPG

 会話は基本的に各々の仕事の話が多く、オバマ=マケインのディベート後でしたが政治的な話は一切なし。金融危機の話を持ち込もうかと思いましたが、ふと友人が失業中であることを思い出し口にできませんでした。ビールを飲みながら、野暮な話はしたくない、ということなのでしょうか。今一番HOTな話題に触れないなんて、少し不思議な気がしました。煙草を吸う彼についていって様子を見ていましたが、私達に話しかけてきたアメリカ人も「Entertain me for a bit」と言いつつ、「僕はミュージシャンなんだ」と自己紹介する程度で、政治や経済の話はほぼ皆無。知らないはずはないのですけれど、少し不思議でした。

↓ビールを飲みながら、実はココロの中では悲喜こもごも何でしょうか? 
clip_20080930_08.JPG
posted by mori at 09:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■An American in Tokyo.

■An American in Tokyo.

 学校の先生を務めながらミュージシャンでもあるアメリカ人の友人が日本へ帰国してしまった女性に会いに、東京へ旅行して参りました。私が当の女性を紹介したこともあり、どうしても旅行談義がしたかったらしく彼と食事をすることに。彼は興奮を隠すこともせず「Tokyo was such a fantastic, fabulous breath-taking city I’ve ever seen!」と大騒ぎしておりました。浅草の雷門、渋谷のスクランブル交差点、表参道の欧州を思わせる街並み、そして六本木の饗宴・・・。どれもこれも、彼の心に深い印象を残したようです。東京の様子を見て「彼女は家族もいるし、きっとNYに戻ってくることないんだろうな」とふと寂しい表情を覗かせましたが、少し彼の中でも吹っ切るキッカケが出来てホッとしたのかもしれません。

↓東京とNY。13時間の時差はやはり継続は難しいのでしょう。
clip_20080930_05.JPG

 彼に「東京に引っ越す気はないの?」と聞いてみると、少し間をおきながら「うーん上海、シンガポール、タイ、ベトナムとかアジアを旅行で回りたいとは思うよ。でも東京はもういいかな」と意外にもあっさりNOの回答が返ってきました。理由は街があまりにも整頓して息が詰まるからではなく、人々が他人を強く意識しているからでもなく、単に「I feel I’m out of the circle」。人々はとても優しく、親切で、礼儀正しいのですけれども、日本人の輪の中には一生入れない気がするとか。思わず彼に「GAIJINって外の人って書くんだよね」と教えてしまいました・・。NYにいても外側にいるとは感じられませんが、やはりまだ日本には外国人にとって強烈な壁があるのでしょう。看護士など移民流入の合法化を進めておりますが、外国人が壁を感じないで住めるようになることはあるのでしょうか?

↓煌く東京の街、この明かりは彼の心を暖めることはできなかったのですね。
clip_20080930_06.JPG
posted by mori at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■全米が注目した討論会は・・・予想外に予想通り。

■全米が注目した討論会は・・・予想外に予想通り。

 全米が注目した民主党オバマ米大統領候補と共和党マケイン候補の討論会、NY時間の金曜の午後9時からミシシッピ州で開催されました。オバマ氏が舌鋒を振るいマケイン氏が虚を付く展開になるだようと予想していましたが、ほぼそんな展開でしたね。オバマ氏が攻撃し、マケイン氏が攻撃をかわしつつ、オバマ氏の足もとをすくおうとするやりとりが何度も見られました。個人的に子供っぽいなぁ、とやりきれなかった瞬間は、マケイン氏が「イラクで息子を失くした女性から空港でこのブレスレットをもらった・・・そして息子の死を繰り返さないように懇願された」とし話した後に、オバマ氏も「私もブレスレットを持っている」とお返しした時。分からないでもないですけど・・・。

↓自宅のTVから撮影。終始守勢に見えたマケイン氏。この時期なら当然ですね・・。
clip_20080930_03.JPG

 個人的に、やはりマケイン氏は演説は振るわず、余裕のはずの笑顔が引きつって見えました。世論調査を見るとアメリカ人も同じように捉えたようですね。USTトゥデイ・ギャロップででは、オバマ氏への支持率は46%に対し、マケイン氏は34%と大差でオバマ氏の勝利となりました。討論会の後で、真っ先に歩み寄って握手に臨んだのはオバマ氏でしたし、彼の口撃は「蝶のように舞い、蜂のように刺す」モハメド・アリも驚きの俊敏さでした。私の場合はNYに住んでいますので、やはり周囲の人間に影響されているのでしょうが・・・。マケイン氏が「middle class」という言葉を一度も使用しなかったり、また「経済は健全」と言い切った2時間後に、「経済は危機的状態」と見解を翻したのも、一貫性のなさと判断されたのかもしれませんね。

 NY市民からは、まだアンチ・ペイリン候補から彼女にまつわるネガティブな写真が続々と送られてきます。一部ではアラスカ州民の抗議活動すらも。既にペイリン効果は経済危機で消えてしまったとはいえ、ここまで攻撃されるのも珍しいのではないかと思います。

↓アラスカ州民の皆様。皮肉なことに女性の反対の声が多かったり。
clip_20080930_04.JPG
posted by mori at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

■約1年ぶりの韓国料理で・・・こんなものを発見。

■約1年ぶりの韓国料理で・・・こんなものを発見。

 為替担当の代理として、東京の同僚がNYへ出張へやってきました。週末の夜は久しぶりの再会というわけで、夕食を共にすることに。偶然が偶然を招き、何と私が住むアパートに短期滞在することになった事情もあり、私と彼はアパート近くにある韓国料理店へ向かいました。行き着いた先は、ほぼアメリカ人である日本人の邦銀ディーラーの方に教わった「HanBat  http://www.yelp.com/biz/hanbat-restaurant-new-york」。32丁目の韓国街のレストランは夜の9時を回っていたにも関わらず、長蛇の列が出来上がっていましたが、こちらは韓国街から外れた35丁目にありましたので、5分待っただけで入店できました。

↓突き出しのキムチなどが5皿以上もあるせいか、ほぼ4人掛けのテーブルが多いんです。
clip_20080924_11.JPG

 オーダーした品々には、お決まりのチジミやプルコギをチョイス。チジミは外側がカリッカリで食べ応えがございましたね。しょう油タレで味わうのもなかなかでしたが、やはりコチジャンとの相性が最高ですね。プルコギは相当味が濃ゆかったのですが、長野出身の同僚は大喜びでパクついておりました。久々にビールを片手に同僚の話を聞きながら、ふと壁に目をやると・・・なぜか監視カメラ、それも2台も発見!!何でですかね??クラブならまだしも、大衆食堂風のレストランに監視カメラとは意外な取り合わせでございます。しかし、このお店が24時間営業だと考えると妥当なのかも・・・。1年ぶりに訪れた韓国料理店で、まさかこんな代物をお見かけするとは思いませんでした。

↓なぜか、同じような位置にあるのも不思議。
clip_20080924_12.JPG
posted by mori at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■寝耳に水のバスルーム工事。

■寝耳に水のバスルーム工事。
 
 ある日アパートに帰宅すると、日本人の管理人が私に声を掛けてきました。いつも無愛想な彼ですが、今日は何だかニコニコして話しかけてくるのでおかしいな、と思っていたのですけれども、やはり裏がありました。何と、水漏れが激しいので、浴槽の壁を壊して配管を確認したい、と申し出てきたのです。大したことではない、と判断したので私は容易くOKしてしまったんですけど、これが命取りになるとは思いませんでした・・・。

↓見て下さい!工事直後はこの有様です。
clip_20080924_09.JPG

 工事初日、帰宅するとトイレのドアが開きっぱなしであることに気がつきました。さすがアメリカ人、やってくれるなぁと思ってドアを閉めるためバスルームに近づくと・・・・何と壁に大きな穴が空いたままになっている空間があるではございませんか!!しかも別の場所はビニールが掛けられてあるだけで、穴を占めようという努力は感じられません。追い討ちを掛けるように、ポッカリ大きく開いた穴から、体長5cm以上はゆうにありそうなゴキブリらしき虫が登場するではありませんか!!!思わず階段を降りドアマンに窮状を訴えると、管理人に状況を伝えると約束してくれるだけです。呆然として震えておりますと、先ほど見掛けたゴキブリまがいの虫がバスルームからリビングに飛び出してきました・・。殺虫剤をふりかけるとバスルームの例の穴に戻っていきましたが、ちょうどその時に管理人が部屋の扉をノックしてくれましたので、彼に穴という穴を新聞紙とテープで塞いでもらって何とか事なきを得ました。信じられない・・・・。皆様、工事を要請した場合は気をつけてくださいね。好ましくない「未知との遭遇」を体験するかもしれませんよ。

↓新しく塗りこまれた壁。こんな風に刷毛の後が残ってたり。
clip_20080924_10.JPG
posted by mori at 09:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Tillman's・・・月曜なのに、ライブ!

■Tillman's・・・月曜なのに、ライブ!

 ベラルーシ系の親友がお誕生日ということで、月曜だったにも関わらず外出と相成りました。リーマン・ブラザーズが破綻した当日だというのに、我ながら呑気なものです。月曜の夜というので、彼女に指定されたラウンジ「Tillman’s http://www.tillmansnyc.com/」は週末に出掛けた時とは打って変わって、スンナリドアマンに店内に通されました。さすがにバーカウンターには椅子が余っていないだけで、程よい混み具合。グラスの白ワインが9ドル、ビールが7ドルと料金もその辺のBARと変わらないお値段ですが、何より月曜なのにきちんとDJがスピンしている点が客としては嬉しい限りです。

↓お誕生日にサングラスをプレゼント。嬉しくって思わずポーズを取る彼女。
clip_20080924_07.JPG

 ハーレムのラウンジを持つオーナーがより多くの人々にハーレムのブルース+R&Bの味を楽しんでもらおうという意図でオープンしただけに、月曜からDJだけでなく音楽は気合いが入ってます。何と生バンドが入ってたんですよね。その夜はトロンボーンやチューバまで取り揃えていて、時に即興でスウィングしてくれます。月曜なだけに午前12時にはお店を出ようと思いましたが・・・気が付いたら時計は午前1時をまわっていました。Tillman’s にいると、音楽があまりにも心地良すぎて、ついつい長居してしまいます・・・週末なら混雑し過ぎて落ち着かないんですけどね。

↓店内の様子。手ぶれが激しくて申し訳ありません!!がフラッシュ撮影すると味が出ないんです。
clip_20080924_08.JPG
posted by mori at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■スターラウンジ・・・時代遅れなだけあって。

■スターラウンジ・・・時代遅れなだけあって。

 アメリカ人の友人に誘われ、スターラウンジに出掛けました。セックス・ピストルズのメンバーだったSid Viciousと恋人の Nancy Spungen の変死体が発見されたChelsea Hotelの地下にある、このお店。このChelsea hotelが今となっては過去の遺物となり、観光客にすら見向きもされないホテルに成り下がっただけあって、スターラウンジもなかなか辛いものがありました。お店の前には午前2時を過ぎた時間帯であったにも関わらず、なぜか数人とはいえ列が出来上がっています。しかもドアマンはなかなか入れてくれません。店内からアメリカ人の友人が出てきてようやく入店できましたが、のっけから先が思いやられる展開となりました。やれやれ・・・。

↓Star Lounge。表向けにはこんなCG合成風の写真を見つけることができます。
clip_20080924_05.JPG

 ほの暗い店内にはクラブらしく、耳を劈く音が鳴り響いています。音楽はきちんと最近流行りのHip Hopでしたから、全く悪くはなかったんですけど・・・店内の内装があまりにもひどい。シートは今時、場末のスナックでしか使用していないであろうと思わせる紅色のビロード。しかもところどころに煙草の火で空いたような穴を見つけることもできました。哀愁を超えて、悲壮感すら漂っています。横にいたアメリカ人が話しかけた時に、自分のことを棚にあげて思わず「何でここにいるの?」と思わず聞いてしまいました・・・彼は午前3時を示すホイヤーの時計をかざしつつ、「こんな時間ならTenjune(最もHotなクラブの一つ)にいようがここにいようが関係ないよ」と笑っていましたけど、あと1時間で夜が終わってしまうのに、こんなところで週末の夜の幕を閉じるなんて・・・悲しい気がするんですけど。皆様、どんなにプレミアムをつけられて誘われても、このお店には行ってはいけませんよ。New Yorker誌でも、読者の評価は何と10点中、2点でしたからね・・・。

↓神戸なら新開地で見かけられそうな、ひどいお店。
clip_20080924_06.JPG

posted by mori at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■エミー賞で観る、明日のスター。

■エミー賞で観る、明日のスター。

 第60回エミー賞が開催されました。TVパーソナリティーとして最もパワフルなオプラ・ウィンフリーが幕開けを宣言しましたが、ホストはリアリティ・ショー「Project runway」のホステス、Haidi Klumやクイズ番組「deal or no deal」の司会者Howie Mandel、そしてAmerican Idleのリポーターでお馴染みのRyan Seacrestなど5名が務め、華々しい式典となりました。60回ですもんね。オープニングでは5人が並んで「Absolutely nothing」について語り合っていたのですが、やはり金融危機の話題に触れ「政府が我々をbail outしないんだから、僕達も何もしないよ」と無責任発言が飛び出す始末です。

↓エミー賞はTV界の重鎮、オプラで幕開け。
clip_20080924_03.JPG

 TV界が輩出した俳優・女優はBruce WillisやSteve Martinなどハリウッド・スターへの階段を駆け上がるチャンスを手にしたも同然。ドラマ「Entourage  http://www.hbo.com/entourage/」のJeremy Pivenも今やThe kingdomやSmoking Acesで主役を食うほどの怪演を披露し、ブラウン管だけでなくハリウッドでも引っ張りだこの俳優になっています。個人的に私がここのところ注目しておりますのが、コメディ・ドラマ部門での助演俳優賞にノミネートされた「Office http://www.nbc.com/The_Office/ 」のRainn Wilsonですね。彼が主演した「The Rocker  http://www.imdb.com/title/tt1031969/」はコケましたが、醜男なのに自信満々のトボケた役を演じさせると最高です。トンでも映画ですけど、バカになりたい時はタイトルまで実も蓋もない「My Super ex-girlfriend http://www.imdb.com/title/tt0465624/」でもご覧になって、彼のボケを堪能してみてください。

↓Rainn Wilson。ルックスからして笑いを誘います。
clip_20080924_04.JPG
posted by mori at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

■Tompkin Squareで、あられもない姿を・・・・。

■Tompkin Squareで、あられもない姿を・・・・。
 
 ベラルーシ系の友人とTompkin Squareに向かいました。Avenue Aは7丁目から始まる公園は、East Villageが好きな彼女のお気に入りの一つです。デリでツナ・ラップとコーヒー、そして私はボトル・ウォーターを手に公園へと入っていきました。幹いっぱいに繋がる緑の葉の隙間から零れ落ちる太陽が何とも気持ちよい。人々が思い思いにベンチに座り、犬を片手に新聞を読んでいたり、チェス対戦を行なっていたりする人々を眺めておりますと、せわしない日常を離れられた安堵感を味わうことができます。文明が公園を作った理由を、何となく実感する瞬間ですね。

↓Tompkin Square。私も散歩がてら、一人でもたまに訪れます。
clip_20080916_26.JPG

 その日は舞台が設置してあり、ショーが展開されておりました。人々が連なるベンチの隙間を見つけ、私と友人も観賞。舞台脇に置かれた看板に出演者の情報や舞台のタイトルが書いていたのでしょうが、私も友人も見るともなしに日曜日の一風景として眺めていただけに、ぼんやりしておりました。しかし途中でドラッグ・クィーンが登場したり、あられもない姿の女性が登場した時には、目が点に。午後4時くらいで子供も多く行き交っておりましたから、ビックリしてしまいました。日本ならありえない・・・ですよね。East Villageなだけあって、キッチュな場面に遭遇した日となりました。

↓化粧がポイントのドラッグ・クィーンの方々。
clip_20080916_27.JPG
posted by mori at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■TAFUの抹茶シェイク。

■TAFUの抹茶シェイク。

 美容院へはいつも徒歩で向かいます。20ブロック以上の距離がございますが、ジム通いやランニングなど自己鍛錬を行なっておりませんので、せめてウォーキングで足腰を鍛えようという甘い考えからなんですけど、これが結構効きますね。スニーカーではなく踵のある靴で動き回りますと、腰や膝に負担が掛かっているのかもしれませんが、ふくらはぎや太股の筋肉が鍛えられる気がします。でもよくつぶしてしまうので、コストが掛かるんですよね。まぁジム通いのコストを踏まえれば、大したことはないのでしょうけど・・。

↓本当はセントラル・パークでウォーキング、といきたいところです。
clip_20080916_24.JPG

 テクテクと踵のある靴で50丁目界隈をLexへ向かっていたところで、いつものように咽喉の渇きを覚えました。大抵は歩き始めにJubma Juiceやスターバックスでドリンクをgetするのですが、今回は忘れていたのですね。目を上げると、ちょうど良いタイミングで抹茶シェイクの看板を発見!!「TAFU 」という名のお店は日本人のフレーバーを提供する「わびさび」カフェ。お茶だけでなく日本の風味をふんだんにいかしたカップケーキなども販売しております。いやーこうして散歩しておりますと、普段気が付かなかったお店を発見することができるので、やはり散策はやめられませんね。

↓TAFU。店員さんも見事に日本人ばかりでしたね。
clip_20080916_25.JPG
posted by mori at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Football シーズン到来!!なんですけど・・・。

■Football シーズン到来!!なんですけど・・・。

 フットボールシーズンが到来しましたね。特にファンではないですが、やはり昨シーズン無敗で勝ち上がったにも関わらずUnderdogと呼ばれたNew York Giantsに雪辱を果たせるかNew England Patriotsという意味で気になっておりました。特にNew England Patriotsのクォーターバックはあの「ドル建てでのギャラは受け取らないわ」と言わしめたスーパー・モデルGisele Bunchenの交際相手Tom Bradyですから、女性としても気にならないはずはございません。しかもシーズン前には1100万ドルを支払ってまで「土」ご購入したのですよ。しかも名義は「TGBE」。Tom Gisele Brady Enterprise?の略称なんでしょうかね。

↓TGBEの2人。かれこれもう交際2年目ですね。
clip_20080916_22.JPG

 スーパーボウルの王冠を今度こそ奪取するため、そして1100万ドルの支払いのため、今シーズンは新たな金字塔を打ち立てるべきTom。しかしシーズン開幕まもなく、膝の故障で今シーズンは欠場という憂き目に遭うこととなりました・・・。今年の主役が早々に舞台から降りてしまって、楽しみが1つ減ってしまいましたよ。

 ところでシーズン開幕にあわせ、NYでは無料コンサートが開催!しかもB級の歌手ではなくNicole Kidmanの夫でカントリー歌手のKeith Urban、そしてUsherが登場するという豪華な面々がその歌唱力を披露したそうです。さすがエンターテイメントの国、アメリカ。スケールが違いますよねぇ。

↓ストリートを飾った広告。私も駆けつけたかったです・・・。
clip_20080916_23.JPG
posted by mori at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■冷やし中華の夜。

■冷やし中華の夜。

 以前もご説明しましたが、私は冷やし中華マニアでして東京では春から秋までランチはほぼ毎日冷やし中華だったほどでございます。しかしNYに来ましたら毎日コンビにの冷やし中華を買って帰るわけにはいきません。そこでたまに週末の夕方、昨晩飲み過ぎた頭を抱えつつ、冷やし中華を求めにめんちゃんこ亭に向かうわけです。しかし1人で行くのも寂しいな、と思いましてある日普段情報を頂いている為替ディーラー諸氏に「冷やし中華の大会」と称し夕食にお誘いしてみました。・・・その日は為替の乱高下著しい夜だっただけに難しいかな、と思いつつ何とか皆様来ていただくことができました。遅くなりましたが、深謝でございます。

↓「冷やし中華大会」という名称だったので、大食い大会と勘違いされた方もいらっしゃいましたね。
clip_20080916_20.JPG

 当日別件で欠席された方がおっしゃっていた通り、めんちゃんこ亭にはキムチが和えられた韓国風冷やし中華もございまして、皆さんご希望の品に舌鼓を打ちつつ麺をすすっておりました。しかしビールが入ってしまうと駄目ですね・・・普段週末なら事前の12時間に何も食べていないこともありペロリと平らげしまう冷やし中華ですが、夕食として頂くと半分以上残してしまいました・・・。ちなみに神戸では「冷やし中華」とも呼んでましたけど、基本的には「冷麺」でしたね。東京に来て「冷麺」と呼ぶと韓国の平たい透明な麺のことを指していたので、言いなおしてますけど・・。
 そろそろ冷えてきましたNY。冷やし中華は9月末で終わってしまうのですが、涼しくなってきたとはいえあと1回は行きたいところですね。

↓冷やし中華。自分で作ってもいいとは思うんですが・・。
clip_20080916_21.JPG
posted by mori at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■USオープンのNY的楽しみ方。

■USオープンのNY的楽しみ方。

 USオープンが開催されておりましたね。男子では見事フェデラーが4連覇の偉業を成し遂げましたね。女子では活躍が目覚しいセリーナ・ウィリアムスが頂点に立ちましたね。セリーナの場合は、お姉さんのヴィーナスが逆に影にかすんでしまいがちです。ウィリアムス姉妹、登場した当時はその筋骨隆々とした身体もあり、ファッションや男性誌などの表紙を飾ることはありませんでしたが、最近は表紙はもちろんミュージック・ヴィデオ・クリップに登場するなど、Beautifulな人として注目を集めています。様々なイベントでは当然ながらセクシーな衣装でレッドカーペットを踏む姿も良く見かけますよ。

↓セリーナ・ウィリアムスは知性派ラッパー+俳優のコモンと交際中。
clip_20080916_18.JPG

 ゴシップ誌のおいしいネタでもあるUSオープンでしたが、ニューヨーカーの楽しみ方はおもしろいですね。もちろんスポーツBARでビール片手にガヤガヤと楽しく観戦する方もいらっしゃいますが、やはり野外で楽しみたい!という訳で何とMadison Square Parkでは巨大スクリーンに映る試合を無料で観戦できる特設会場を設置しておりました。しかもドリンクの売り子さんまでいる凝り様です。選手と同じように燦々と注ぐ陽の光を浴びながら、公園で観戦。なかなかオツですねぇ。
clip_20080916_19.JPG

↓公園で観戦、なんてオシャレな気がするのは私だけでしょうか。
posted by mori at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

■Water Taxiはタクシーでありません。

■Water Taxiはタクシーでありません
 
 さて、午後9時になりPS1のPartyは幕を閉じました。これで帰宅するのも物  足りない気がしておりましたら、「Let's take a cab」と、友人方が誘い合って4人でタクシーに乗り込みました。そしてドライバーに「Take us to Water taxi」と言いつけます。Water Taxiと言えばマンハッタンとニュージャージー、そしてクィーンズをつなぐフェリー型タクシー。アメリカ人の友人の1人はニュージャージーに住んでいるため、NJへ渡るために埠頭に急いでいるのかと思いきや、ちょうと桟橋には私達のほかに人々がつらなっております・・・。門らしき前には女性が誰かを待っているような様子も見受けられ、私は不思議に思って目を丸くしておりました。

↓Water taxiは普通、こんな形式ですね。
clip_20080909_11.JPG

 入っていくと・・・今度は川岸での野外Partyだったんですね。しかも対岸にはマンハッタンを臨み、まるでクリスタルの都市を眺めているようなまばゆさです。こちらは入場料5ドル。足場が砂浜であることから、まるでビーチにいるようです。椰子の木型のネオンが立ち、BARはまるで南の島のようなわらぶきがあったりして、とっても南国風。ダンスフロアにはテントが張られ、中央からはお約束のミラーボウルが飾られています。こんな場所があったなんて・・・こちらも夏季限定のイベントだとか。NYはさすがParty Peopleが集まっているだけに、思わぬ場所がParty会場に早変わりするんですね。

↓BARの様子。ドリンクは10ドルと少しお高め。
clip_20080909_12.JPG
posted by mori at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Ps1・・・「追伸」ではなく。

■Ps1・・・「追伸」ではなく。

 ある日の週末、アメリカ人の友人から「Come to PS1 and Water taxi!」とTextを受け取り、首を傾げました。PSと言えば、日本人でもご存知の通り「追伸」。もちろん文中になるのでそんな意味ではありませんよね。しかもどこなんだ、と尋ねると「Queens」との回答です。ますます訳が分からなくなりました。かつてプロモーターとして数々のクラブのパーティを取り仕切っていたアメリカ人の友人ですから、マンハッタンではなくクィーンズに招待されるのは、かなり意外だったんです。

↓クィーンズ。橋を渡ると、まずはギリシャ系が集まるエリアが飛び込んできます。
clip_20080909_09.JPG

 たまたま自宅で書き物をしていた途中だったので、気乗りのしない返事を送っていると「Please」の嘆願が続々届いたので、PS1を調べると・・・何とMOMAの別館だったんですね。残暑のなか美術館でPartyが催されていたのです。ああ、もっと早くにチェックすべきでした。意外な場所での粋なイベントにココロが踊りつつ、慌てて支度をしてE線に飛び乗ります。出掛けると・・・人、人、人の波!!!ハウスやテクノが流れるなか、ウォッカで咽喉を潤しながらライブ・バンドの演奏も楽しむこともできて、とってもクール☆さすがNY、趣向を利かせた予想外な宴は、マンハッタン以外でも見つけることができるのですね。

↓この人だかり!!夏のシーズンだけ開放されます。入場料10ドルは、お得!
clip_20080909_10.JPG
posted by mori at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■VMAアウォード・・・・25年ですか。

■VMAアウォード・・・・25年ですか。

 MTVを観ながら生まれ育ったと言っても過言ではないワタクシですが、今回も思わず見てしまいましたMTV Video Music Award2008。MTVが開始してからはや30年近く経ちましたが、アウォードの開催にはちょっと時間を要したのでしょうか。知りませんでした。オープニング・アクトは去年幕開けを飾ったBritney Spears、と聞いて耳を疑いましたが、「VMA20周年が開催しま〜す、(ペコリ)」と言った感じで最後に舌を出しながら文字通り開催の音頭を取っただけでした。そりゃそーですよね。それでもBest Female Videoを獲得してて、かなりドン引きしましたけど・・・若い視聴者からしてみれば、Britneyがアルバムとビデオをリリースするだけで満足なんですね。

↓Britney。現在マドンナのツアーでビデオ出演しています。
clip_20080909_07.JPG

 Best Male Videoにはオープニング・パフォーマンスを飾ったRihannaのボーイフレンドのChris Brownが受賞しましたね。Demi Mooreがトロフィーであるムーンマン(もちろんMichael Jacksonをもじったのでしょう)を手渡していましたが、候補者を紹介する前には「25年前に初めてこの賞を手にしたのはDavid Bowieだったのよね」なんて言っていたところが、年の功でしょうか。アカデミーと同じく毎年視聴率はオチ気味のようですが、私にとっては毎年これを見るのがある意味ライフワークになりそうです。
 ちなみに司会者の白羽の矢が当たったRussell Brandはアメリカでは映画「Forgetting Sarah Marshall http://www.imdb.com/title/tt0800039/」に登場した程度でほぼ無名です。しかし母国イギリスでは超有名なコメディアン。ちょっとキモカワなキャラが効いていますが、立ち上げの一番大事なトークでは「オバマに投票しようぜ、保守的なアメリカ人がようやく変わってくれて嬉しいよ。今までカウボーイに耐えてきたアメリカ人は今こそ立ち上がるべきだね」なんて毒舌を振るってました。

↓Russell Brand。実はMTVのVJとしても仕事していた過去が。
clip_20080909_08.JPG
posted by mori at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Fashion Rocks…. That’s why you stand up!!!

■Fashion Rocks…. That’s why you stand up!!!

 東京では日本テレビの24時間チャリティ番組が高視聴率を叩き出すとともに、批判が醸し出されているみたいですね。NYではFashion Rocksと併せて、「Stand up」が誕生しました。「Stand up for the cancer」という趣旨でエンターテイメント界が設立した癌撲滅を目指す財団のお披露目会と相成ったわけですね。設立にあたって、自ら癌にかかったSheryl CrawやMelissa Etheridgeが「SURvivor」と書いたTシャツを着て登場。心がじーんとする瞬間でしたね。

↓癌の闘病経験のある有名人が立ち上がるからこそ、意味があるのかと。
clip_20080909_05.JPG

 そして東京でも報道されているかと思われますが、15人の歌姫が集結して「Just Stand up http://www.youtube.com/watch?v=A_UGsPVeGdo」というタイトルのチャリティソングが発売されます。参加アーティストは今回登場したMelissaとSherylだけでなく、歌姫Mariah Carey、Beyonce、Mary J Blige、Rihanna、Fergieと超豪華。もちろんHip HopだけでなくmLeAnn RimesやCarrie Underwoodのようなカントリー歌手も名を連ねます。ぜひ聞いて見てくださいね。

↓9月2日からItuneで販売されていますね。
clip_20080909_06.JPG
posted by mori at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Fashion Rocks!!!!!!!!!

■Fashion Rocks!!!!!!!!!

 Fashion Weekに合わせ、恒例として「Fashion Rocks」と題した音楽イベントが幕を開けました。今年も今最もHotな音楽界のスターが舞台を飾り、Rihanna、Beyonce、Justin TimberlakeなどNYQでもお馴染みの歌手が登場しております。注目はやはり去年からラジオでこの人の音楽を聞かない日は1日もないと言われるRihanna。派手な衣装に身をまとい、一番凝ったスペクタクルを広げたと思われるこの方、実は景気後退に瀕する米国のご時世にのっとって(?)破産の危機に瀕しているようです。何と2週間前の残高が2万ドル−−210万円くらいでしょうか。彼女の場合Neyoをはじめとするシンガーソングライターに楽曲の提供を受けているため、思ったより稼いでいないようですね。

↓Rihanna。最近ではファーストフード店を覗く姿をよくキャッチされてます。
clip_20080909_03.JPG

 そしてBeyonceと言えば、背中まで届くロングヘアが目印ですね。しかし今回のショーでは、ヒラリー・クリントンもかくやというブロンドのショートカットで登場。あまりの変貌でショックを隠せないでいるファンもいたのではないでしょうか。実は彼女、往年のR&Bシンガー、Etta Jamesとして主演する映画がクランク・アップしたばかりなんです。やむをえない事情とはいえ、かなり老けて見えますね・・・。

↓ヒラリー・カットのビヨンセ。髪が女の命とう証でしょうか。
clip_20080909_04.JPG
posted by mori at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。