2009年07月22日

■不況の副産物、増えるストリートの物乞い

■不況の副産物、増えるストリートの物乞い
 
 地下鉄の車両を渡り歩き物乞いをする人々は、NYでは当たり前の一風景です。私もウォールストリートから4、5番線に乗り込むと帰宅時間のサラリーマンを狙ってか決まって物乞いの男性を見かけます。しかし、これだけ景気が悪いと物乞いの方々の数が増えてまいりましたね。最初は黒人の方が多かったのですが、子供を引き連れた黒人女性やラテン系の女性に加え、まん丸と太った白人の女性まで登場してきました。しかも、最近では朝のラッシュアワーに車両を練り歩く物乞いの女性まで現れる始末です。朝のボーッとした頭に、白人女性特有の金切り声が鋭角的に刺さるんですよ。午前7時過ぎに走る地下鉄で物乞いするなんて、よっぽど切羽詰まっているんでしょう。早朝のラッシュアワー時なせいか乗客のご機嫌がよろしくないこともあり、周って来るホームレスの女性のプラスチック・コップにお金を落とす人々はほとんどいないのですが・・・。彼女の努力は報われていないように見えます。 

↓最近は若い人のホームレスが増えてきましたね。
clip_20090722_09.JPG

 地下鉄やストリートだけでなく、最近の物乞いは携帯電話まで駆使します。私の知り合いのミュージシャンがある週末に電話をかけてきました。今何しているのかとたずねられ、これから友人とSohoに出かけると答えますと「I’ll be there, lets’ meet up」と言うので、適当な時間に落ち合うこととなりました。友人とおしゃべりしながら、気に入った店に立ち寄りながら歩いていたので、彼に伝えた時間をまわってしまったのですね。携帯が鳴って取り出すと、やはり彼。あと15分くらいで到着すると伝え、BroadwayとPrinceに向かいます。はたして、彼はコーナーにあるPradaのフラッグストアのウィンドーに腰掛けておりました。頬を合わせて挨拶し、お茶でもしようかと話していたところ、私と一緒に歩いてきた友人がちょっと離れたのですね。すると、Sohoで私を待っていた方の友人は「Can I borrow some money?」と聞くではありませんか!しかも「10 , or even 5 bucks will be fine」とみすぼらしく哀願してきたのですよ。また言い訳が図抜けてます。「I bought foods for my unemployed friend」、「my bag was stolen and I lost my wallet, watch, cards…everything」と二転三転して一貫性がまるでありません。施しをしてあげるほどお金のない私ですが、このときばかりは20ドル渡して「Never ask me cash again」と約束させましたが、今考えれば彼の思うツボだったかもしれませんねぇ。反省しきりです。

↓ミュージシャンに、渇いた風が吹き付ける・・・のでしょうか。
clip_20090722_10.JPG
posted by mori at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■世界で一番、肥満成人が多い国は?

■世界で一番、肥満成人が多い国は?

 先日、5thアベニューでウィンドー・ショッピングをして唖然としました・・・。仕事にも遊びにもOKなカーゴ・パンツを見つけて試着しようとしたのですが、店員一番小さなサイズがサイズ2だったのですよ。試着するまでもなく、日本ですとサイズMより若干大きいのではないかと思われ即却下です。本当にニューヨークで日本人サイズの服を見つけることは難しい。ただでさえ気に入った服を見つけることが容易ではないのに、本当に困ってしまいます。

 アメリカ人に肥満が多いことは、ニューヨーク市議会や他の州政府などが炭酸飲料への課税が議論されるとおりで百も承知でございますが、気になって思わずググッてしまいました。2007年に発表されたWHOの統計では、世界の人口66億人中で24%もの肥満成人がいたそうです。成人と言っても15歳以上ですが・・・驚きの数字ですよね。向こう10年間でこの割合が2倍の40%を超えるという統計もあり、驚愕しきりでございます。

↓別の調査での肥満成人率、先進国では米国が圧倒的な1位に君臨です。
clip_20090722_07.JPG

 ちなみにWHOの調査で堂々の1位を獲得した国は、ナウル。Wikiによるとナウルは太平洋南西部に浮かぶ珊瑚礁の共和国でございます。体格の良い女性が美人とされる太平洋地域ですから、むべなるかな、でございます。続いてパラオ、サモア、クック・アイランドやトンガなどミクロネシア地域の国々が上位を独占してましたが、そのなかで米国が9位にランクインしておりました。人口に占める肥満指数の高い人々が何と74.1%に達するそうです。先進国ではぶっちぎりで、オーストラリアが21位、イギリスが28位に並ぶ程度でした。バターとワインの国、フランスは194カ国中128位と意外な位置にいましたね。そして、わが国日本はと言いますと・・・163位で22.6%でございました!韓国の123位、中国の148位よりグンと低いのです。さらに付け加えますと、飢餓に苦しむ民衆の存在が問題視されている北朝鮮ですら、132位でした。民族間紛争に苦しむ177位のソマリアや183位のルワンダに近いんですね・・・。日本人がスリムであることは有名ですが、まさらここまで痩せ型で溢れた国だとは思いませんでした。日本食がいかに健康なのかが、痛烈に表してくれる結果に目が丸くなってしまいましたよ。

↓痩せ過ぎも不健康でよくありません、バランスが大事ですね。
clip_20090722_08.JPG
posted by mori at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Meat Packingの隠れ家で、Rendezvous

■Meat Packingの隠れ家で、Rendezvous

 インド系の方のバースデー・パーティーの続きでございます。期待外れに終わったBagatelleでのディナーの後は隣にある「Kiss and fly www.kissandflyclub.com」へ移動かと思いきや、主賓が私を含めた招待客を集めてバスルームがある方向へ誘導するではありませんか。はてなと思いつつついて行くと、彼は悠然とバスルームを通り過ぎ非常扉を開きます。仄暗い階段を降りていって驚きました!!ビクトリア調にオリエンタル・テイストが加味されたような優美な空間が広がっていたのですよ〜。タバコの細長い煙と気だるい旋律が似合いそうなこのラウンジの名前は、RDV―Rendezvous。恭しくウェイターが持ち込んだシャンパンが、宴のはじまりを告げます。1階のフロアとは全く異なるクラシック・モダンなムードで頂くシャンパンは、1口で軽くめまいを感じるような陶酔感をもたらしてくれました。思わずオレンジジュースを足して、ミモザにしちゃいましたよ。

↓RDV。夜更けに訪れると思わず眩惑されそうになります。
clip_20090722_05.JPG

 シャンパンの後は、クランベリーとオレンジジュースを伴ってGrey Gooseの登場です。フレンチのこのウォッカ、ステータス・シンボルという事情もあって夜のシーンでは絶大な人気を誇りますが、RDVで出されますと、これまた格別ですね〜。座ると沈んでしまうソファにゆったり座ってグラスを傾けていますと、とっても贅沢な気分に浸れます。DJがKid Cudiの「Day and night」にチューンを合わせても、立ち上がって踊ることもなくウォッカに身を委ねてしまいました。おそらくボトルを下ろすのに300ドルは下らないかと思いますが、自分の誕生日に気の置けない仲間を集めて飲むには最高の場所ですよ!Jamie Foxxの「Blame it on the alcohol」の歌が聞きながら、酩酊してしまいたいです・・・。

 ちなみにこのRDV、前述いたしました「Kiss and Fly」とリンクしていたりも。ラウンジで美酒に酔いしれた後は、こちらでハウス・ミュージックの洪水に巻き込まれるのもいいですね。

↓Kiss and Fly。細長い店内の入口には、鳥かごが据えられてます。
clip_20090722_06.JPG
posted by mori at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Bagatelleでお誕生日パーティー

■Bagatelleでお誕生日パーティー

 インド系の友人のお誕生日に招かれて、目指すはMeatpacking Districtでございます。何と今回のお誕生日会はディナーパーティーから始めるということで、開始時間は午後10時30分からでした。一緒に行く予定のスタイリストの仕事が遅くなったので、午後11時半をまわった頃に到着。13丁目の9aveを超えハドソン川へ直進していくと、左側にまばゆい光が見てきます。吹きさらしになっているお店から、真っ白な内装に反射してライトがストリートにこぼれているのが目印。フレンチ・レストラン「Bagatelle http://www.bistrotbagatelle.com/」の入口に立つ黒いスーツに身を固めたドアマンに招待客だと伝え中に入ると、皆さんディナーの真っ最中でした。

 今回の主賓がミュージシャンとあって、テーブルを埋め尽くす人々はedgeが利いた人々ばかりです。まず主賓は、ジェリーアフロをたなびかせKanye Westよろしくチェックのシャツにゴールドのスタジャンを合わせるという離れ技を披露。彼の周囲を囲む女性陣にも手のひらサイズの花が挿さっていたりレースが飛んでいたり・・・そうかと思うと、最近なぜかカムバックしている肩パット+ハイウェスト極太ベルトで80‘sルック・ミレニアム版でキメた女性がいたり・・・。見ているだけで厭きません!!

↓金のジャンパーが眩しい!!蝶ネクタイとおソロで。
clip_20090722_03.JPG

 NY屈指のフレンチを提供するダニエル出身のシェフの店とあって、食事の見栄えなど楽しみにしていたのですが、料理はいたってアメリカンでしたね。恐らくプロモーターが手配したお試しコースと見られ、グリルド・チキンやらグリルド・サーモンにオニオン・リングやフレンチフライが大皿にこんもりと盛られていただけで、簡素な味気も素っ気もない食事でございました。私は既に軽く食べていたので、箸ならぬフォークは全く動かず・・・しかもすすめられて一口サーモンをかじったものの、味付けが淡白過ぎて塩コショウが必要な有様でした。招かれて文句を言ってはいけませんが、バースデー・ディナーを催すほどの意味があったのかは分かりません・・・・。

 また夜が更けるにつれて音楽のボリュームが上がっていくのも、おしゃべりの妨げになって耳障りで・・・。Barカウンターではスラリとしたモデル風の女性が踊っていたり、ニューヨーク風ambienceに包まれてはいますが、合計数百ドル払って食事を楽しみたい場所かいわれればNOと答えざるを得ないお店でした。
 
↓Bagatelle。Chicと言われればそうなんですが・・・。
clip_20090722_04.JPG
posted by mori at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Griffinでチャリティ・パーティも、募金額はトホホ

■Griffinでチャリティ・パーティも、募金額はトホホ
 
 今年も、初夏の訪れとともにチャリティのシーズンがキックオフしました。セレブリティが最新のモードをまとって登場しマンハッタンに彩りを与える季節が巡ってきましたが、不況のど真ん中にあって華やぎはトーンダウンしているようですね。以前にミートパッキング・ディストリクトにある「The Griffin www.clubplanet.com/Venues/84178/New-York/Griffin」にて開催されたパーティも、不況の色がにじみ出ていました。

 伝説の音楽グループFugeesメンバー、Wyclif Jeaの妹Melkey Jeanが主催したKarma Foundationの「The 2nd Annual Geminis Give Back」のレッド・カーペットには、Melkeyをはじめ、ウォルターライト級世界チャンピオンのAndre Bertoや女優のLynn Whitfieldが登場。ハイチで貧困に喘ぐ女性と子供を支援する同財団のチャリティ・イベントは2回目を数える今回、共催にもラム酒ブランドのマリブやビタミン飲料のブラスト・ビタミンなど5ブランドが名を連ね、花を添えてはいたのです。しかし・・・                      
                        
↓ The Griffin、豪華絢爛なシャンデリアが眩しい
clip_20090722_01.JPG
 
 いざ募金となると、話は別問題でした。Carma Foundationも不況を考慮して、募金集めにひと工夫を施してはいたのです。ソーシャル・ネットワーク・サイトのフェイスブックを通じて送った最初の招待状には、「最初に100ドル献金した50名にVIP Carmaギフトバッグ、最初に50ドル献金した25名にCarmaギフトバッグを進呈」と示していました。ところが、開催当日に再送された招待状アップデート版では、500ドル以上の献金で「アブソルート・ウォッカやマリブなどからボトル1本、ペリエ1本、葉巻、ハバナ料理、VIPギフトバッグ」、100ドル以上なら「ボトル1本、ハバナ料理、VIPギフトバッグ」を進呈すると明記されていたのです。最低50ドルからでも「ギフトバッグとハバナ料理」を受け取ることが可能とするなど、募金へのインセンティブが高められていましたた。

 いざパーティに到着した私は、募金によって受け取る景品のことを忘れ20ドルを支払ったんですよ。すると受付カウンターに立つ女性から、「景品と交換できるチケットには30ドル必要ですが」と断られてしまったんですよね。そこでフェイスブックに書かれた内容を思い出し、「景品はいらないんですけど」と返答したものの、相手は一歩も引かず。押し問答となったところで友人が自分の分として10ドルを支払い合計で30ドルに達したところで、ようやくフロアへ通されました。

 ここでふと気がついたのですよ。確かフェイスブックには「50ドル以上」と書かれていたはず。ところが今回、開場で景品を受け取る最低募金額は30ドルへ引き下げられていたことになります。ニューヨーク市の失業率が9%に達し約33年ぶりの急伸を示現してしまった状況を反映したのか、募金のために開いた財布から50ドルが出てこないことが多かったみたいです。

 バースデイ・シャウトアウトではMelkeyが壇上に上がり、感謝の意と共に「バーカウンターでのドリンク売上のうち25%が募金として寄付されます」と明かした。それでも後日、関係者に聞くと「募金総額は1.3万ドルで目標金額の2万ドルには遠く及ばなかった」とか。ドリンク1杯につき16ドルとかなり高額なプライスを設定したにも関わらず、目標額を達成できなかったとは意外でした。ニューヨークではようやく夏が訪れましたが、チャリティ団体には冬の時代が到来したようです。

↓誇らしげに募金集計を発表してしまいたが、目標に届かず残念!
clip_20090722_02.JPG
posted by mori at 10:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。