2008年01月02日

■Swedish X’mas!!!・・・再び。

■Swedish X’mas!!!・・・再び。

 すっかり季節遅れでございますね。失礼いたします。今年のX’masはまずドイツ系の友人が「Come to upper east side」と誘ってきたために63丁目はMadisonへ。パーティのホストはSwedish+Moroccanとはいえ、スウェーデンで生まれ育ったため方ですから、X’mas dinnerは完全にSwedish。Herringというお魚とマスタードの和え物や、Swedishの定番ミートボールでおもてなししてくれました。ミートボールは、ベリージャムで頂くんですよね。酢豚にパイナップルが許せない方は、遠慮したい一品かも。Herringはマスタード、マヨネーズ、オリーブ(のように感じた)などなどで調理されており、Swedishの伝統料理です。ドイツ系の友人は甘いとも辛いとも形容できない不思議な風味に閉口しておりました。私は雑食なんで、問題なしでしたが。

↓Swedishのキャンドルが飾られ、X’masのムードを盛り上げます。
clip_20080102_1.jpg

 食後は、もう一人の私の友人であるSwedishが住むお宅へ。Swedishとはいえチリ系の彼女のお宅では、旦那様が調理したターキーの丸焼きが待っておりました。既に食事を済ませていたとは言え、頂かない訳にはいきません・・・。Swedish、German、Polish、そしてアメリカ人に囲まれ、何とも和気藹々としたX’masを過ごすことができました。

↓AfroamericanとSwedishのhybrid、Tyrieはこう見えても男の子です。
clip_20080102_2.jpg
posted by mori at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。