2008年01月02日

■飲むSexual healingは、かなり危険です。

■飲むSexual healingは、かなり危険です。

 ベラルーシ系の友人と共にSohoを散策していると、友人の電話が鳴りました。「I’ll be right there」と言い残し電話を切ると私に向き直り、「Let’s meet my friend」ということでFACEという化粧品ストアへ。友人をピックアップしてカフェにでも行くのかと思いきや、「I need to make myself warmer」と仕事中の張本人が飲みに誘うではありませんか!!休憩時間のドリンク、彼女にとってはお酒のようです。ロンドンのトレーダーもパブで軽く胃袋をビールで満たしてくると言う話を聞きますが、日本人にはちょっと理解できません・・・。
 1軒目は満席だったため、次に向かった先は「Lola http://www.lolaissoul.com/」。名前だけ聞くとイタリアンかと思いましたが、フレンチのお店です。

↓かなりclassyな店内。夕方訪れると女性同士のパーティが行なわれておりました。
clip_20080102_3.jpg

 最初はワインでも、とグラスワインのリストを眺めておりましたが、カクテルメニューを見るとさすがフレンチ、愛に満ちた名前のカクテルが並んでおりました。私はGreygooseのバニラウォッカ、カカオのホワイトクリームで作られたsexual healingを頂きました。チョコレートがグラスの淵になまめかしく塗されており、ちょっと飲むのが勿体ないほど。ちなみに他のカクテルメニューはSuperstitionやSweetest Tabooなど、どこかで聞いたことがある名前なんです。分かりました?ソウルミュージックのタイトルがカクテルに施されているんですよ、こちらはフレンチながら、NYのソウルを感じさせてくれるレストランだったわけですね。

↓「癒し」というより、一口でKOの一品。

clip_20080102_4.jpg
posted by mori at 09:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。