2008年01月02日

■アメリカ人とヨーロッパ人、どちらがフレンドリー?

■アメリカ人とヨーロッパ人、どちらがフレンドリー?

 週末は、アルゼンチン人とアメリカ人の友人と夕食へ出かけました。一緒にAtlantic Cityへ出かけてから、実に半年ぶの再会になります。アルゼンチン人の友人の希望でユニオン・スクエアの「Haru http://www.harusushi.com/」へ。アルゼンチン人の友人がRalph Laurenからイタリアン・ブランドの老舗へ転職したり、アメリカ人の教師である友人は飲酒運転で逮捕されたり、と会っていない間に起こったことを語り合って半年間の溝を埋め合いました。大いに笑い、飲み、夕食を楽しんだ後は、以前にように2次会へ。今回はMeat PackingにあるクラブPMへやって参りました。

↓アメリカ人とアルゼンチン人の2人、かなりハイパーです。
clip_20080102_5.jpg

 PMではカウンターの脇に陣取っていたのですが、私の横に佇むミックスな風貌をした背の高い女性が一人だったので、寂しいだろうと話しかけてみたんですね。すると彼女、片言の英語でフランス語はできるか、と尋ねてきたのです。残念ながらフレンチは料理しかたしなんでおりませんので、首を振るとそれでも話相手ができた安心感からか、彼女は一生懸命話しかけてきたんですよ。この間、私の他のアメリカ人の友人とアルゼンチン人の友人はもうゾーンに入っていてダンシングクィーン状態でございました。結局私はフランス人の女性と話し込んでいたのですが、彼女は帰りがけに携帯の番号交換はもとより、バーテンダーにお願いしてペンをもらいフランスの自宅の電話番号まで手渡してくれましたんです!!アメリカ人でも日本人でも基本的に携帯の番号を教え合うだけなんですが、ヨーロッパ人のこの方、稀に見るフレンドリーな方でしたよ。

↓モデルのDenise Basiに似た、2人の子供がいるとは思えないゴージャスな女性でした。
clip_20080102_6.jpg
posted by mori at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。